スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェリー/スピッツ

    チェリー
作詞、草野正宗 /作曲、草野正宗/唄、スピッツ

君を忘れない 曲がりくねった道をゆく
生まれたての太陽と 夢をわたる黄色い砂
二度と戻れない くすぐり合ってころげた日
きっと想像した以上に 騒がしい未来が 僕を待ってる

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

こぼれそうな思い 汚れた手で書き上げた
あの手紙はすぐにでも 捨ててほしいと言ったのに
少しだけねむい 冷たい水でこじ開けて
今せかされるように 飛ばされぬように 通り過ぎてく

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
いつかまたこの場所で 君とめぐり会いたい
 
どんなに歩いても たどりつけない 心の雪で濡れたほほ
悪魔のふりして 切り裂いた歌を 春の風に舞う花びらに変えて

君を忘れない 曲がりくねった道をゆく
きっと想像した以上に 騒がしい未来が 僕を待ってる

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

ズルしてもまじめにも生きてゆける気がしたよ
いつかまたこの場所で 君とめぐり会いたい





歌詞の間違いなどがありましたら、連絡ください。

ちなみに、追記のほうにはこの曲ができた由来を書きます。
これが最後です。
この曲のイメージ壊したくない方は見ないほうがいいです。
ま、あくまで噂ですけどね。
      
 


書いてあったことをほとんど転用させていただきました。
あー…一部書き換えてあるところもありますが、ほとんどそのままです。
本当にこれが最後ですよ?
これ読んで
「チェリーのイメージぶち壊れたじゃねぇか!くそやろー」
っていう苦情受け付けませんよ?
自分はきちんと忠告いたしましたので。
それから一応、間違えて入った方のために反転にしてあります。


みなさんは、スピッツの「チェリー」って曲の由来を知ってますか?

実は、この曲には意外な事実があるのです。

ちなみに、スピッツのギターとベースの人は、静岡県藤枝市出身ですw

で、チェリーを作ったのもこの2人のどっちかなんよ。


で、本題。

静岡県藤枝市には、Hotel チェリーっていう怪しげなラブホがあるんよ。
なんと、スピッツのこの曲を作った人は、このホテルで初体験をしたらしいですw

チェリーの歌い出しは、

「君を忘れない~、曲がりくねった道をゆく~」
だよね。

ほんまに、HOTELチェリーの入り口から建物までは、曲がりくねった道なのです!

で、ちなみに、その時の初体験の彼女の名前は「ちえり」らしいです。
「ちえり」→「チエリ」→「チェリー」
と、なったらしいです。

名曲には、こんな知られざる真実があるんやね。

ふと思い出したから書いてみましたw
知ってる人おったかな??
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

由来見えた・・・
何かヤダね・・・
チェリーってさくらんぼの事じゃなかったのか・・・
まあ、別にスピッツのファンとかじゃないからいいんですけどね。
確かチェリーの作詞・作曲は草野(?)さんとかいう人だから、その人がそんな理由でこの歌を作ったということになりますねー。
まあ、それが誰なのかはわかりませんが・・・
うわあ、てゆーか、そんな理由の歌を発表することに、ほかのメンバーが反対しなかったのが凄いかも・・・・・そんなもんなんですかねえ?

ホントに「tu tu tu」って言ってますねv-363
あ、あと、草野さんはボーカリストで、福岡出身だった!!だから、由来の人はその人じゃなかった~!
静岡県藤枝市出身は、ギタリストの三輪テツヤって人か、ベーシストでリーダーの田村明浩って人でした。
プロフィール

水城

Author:水城
~Age~
18歳
~Birthday~
12/6 AM3:00
~Blood type~
C型...?
~Others~
更新停滞気味
☆ミとか見ると、ホシミって読む。

⇒詳しいプロフ

⇒さらに、FC2プロフ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
リンクするときは管理人に連絡してください。
  • 管理者ページ


  • このブログをリンクに追加する
    アルカナ
    同盟


    チャット

    お絵かきチャットです。
    無駄にバナーも作ってみた。
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。